下記の情報はお役に立ちますか? はい やや しない 
Webroot ビジネスエンドポイントプロテクションMac OS エージェントv9.1.3 へのアップグレード(更新)について

この記事ではMacOS用のWebrootBusinessエージェントをバージョン9.1.3以降にアップグレードする方法に関する情報を提供します。
Webroot SecureAnywhere バージョン 9.1.3 for Mac は、macOS Big SurとmacOS Catalinaでサポートされているエージェントの最小バージョンです。
 
Webrootエージェントは常に更新されているため、Cartalina以降のOSには9.1.3以上のバージョンをご利用ください。

 
インストーラー起動
V9.1.3が上書きされます。 
注)キーコードの入力とプロンプトに従っていただく作業が発生するため、プロセスを実行中は画面を離れないでください。
 
1.  V9.1.3 のダウンロードはこちらのリンクから:
     https://mac.webrootmultiplatform.com/production/wsa-mac/10.15/9.1.3.103/WSAMACSME.dmg
2. .dmg ファイルをダブルクリックして開く
3.  アイコンをタブルクリックしてインストーラーを開く
4.  プロンプトに従い、画面の指示に従ってキーコードを入力後、インストール開始 

※スクリプト使用
スクリプトを使ったリモート且サイレントモード(自動)でインストーラーを起動します。この場合、既存のエージェントをアンインストールする必要はありません。
この作業でエージェントver 9.1.3が上書きされます。 
 


重要: 本スクリプトにはShell スクリプトが含まれており、変更することはできません。また、このスクリプトはスクリプトをお使いになった経験がある方のみにご使用いただき、実装環境で使用するまでに確認テストを行ってからお使いください。弊社サポートではスクリプトの機能に関するご質問には対応いたしませんので何卒ご了承ください。
 
Webroot エンドポイントエージェントを現在搭載しているMac OS端末に、サイレントモードでインストールするためのスクリプトを以下にご提供いたします。本スクリプトを起動していただくのみで更新が行われ、既存のエージェントをアンインストールする必要はありません。
 
 
#!/bin/sh
#Get the OS version. We need to execute differently on Catalina than on <Catalina

OS_Version=`sw_vers -productVersion`
echo OS_Version is $OS_Version
OS_Version_short=$(echo $OS_Version | cut -c1-5)
echo $OS_Version_short
clear
 
#Download WSA mac client
if [[ (${OS_Version_short} == 10.15)]] || [[  (${OS_Version_short} == 10.16 ) || (${OS_Version_short} == 11.0) ]];
 
then
   echo "Operating System is Catalina or newer, downloading 9.1.1"
   cd /tmp; curl -O https://mac.webrootmultiplatform.com/production/wsa-mac/10.15/9.1.3.103/WSAMACSME.dmg
   echo "Please wait while file is downloaded and mounted"
   wait 15
 
   #Mount the DMG file
   echo "beginning DMG mount"
   hdiutil attach -nobrowse /tmp/wsamacsme.dmg
   echo "Mounted DMG"
 
   #Before installing, we need to make sure we remove the InstallHelperTool
   sudo rm -f /Library/PrivilegedHelperTools/com.webroot.InstallerHelperTool
 
   #On Catalina, we run the installer that is on the DMG rather than copying to /Applications.
   #For an upgrade, we don't need the keycode/proxy since it is already installed.

   sudo /Volumes/Webroot\ SecureAnywhere/Webroot\ SecureAnywhere.app/Contents/MacOS/Installer  -silent
  
   wait 10
    
   #Unmount the DMG.
   echo "unmounting DMG"
   diskutil list | grep Webroot\ SecureAnywhere | diskutil unmount /Volumes/Webroot\ SecureAnywhere
   echo "Unmounting DMG complete"
 
   wait 30
 
   #Remove the DMG
   echo "removing downloading DMG from tmp"
   rm -rf /tmp/wsamacsme.dmg
   echo "DMG deletion complete"
   echo "Script complete on Catalina++"
 
else
echo "Operating System is NOT Catalina and therefore, does not qualify for an upgrade to 9.1.3"
 
fi
 
echo "Script complete overall"
 



インストール済のエンドポイント・エージェントのマニュアル削除とその後の再インストール
1.  アンインストールのリンクをクリックしてエンドポイント・エージェントをアンインストールします。そして、プログラムアイコンをゴミ箱に入れます。
2.  バージョン 9.1.3 のダウンロード:
     https://mac.webrootmultiplatform.com/production/wsa-mac/10.15/9.1.3.103/WSAMACSME.dmg
3. .dmgファイルをダブルクリックして開きます。
4.  Webrootのアイコンが表示されますので、アプリケーション・フォルダにドラックアンドドロップしてインストールを進めます。
5.  キーコード入力を求められますので入力を行いインストールを進めます。



リモートからのスクリプトを使用したエンドポイント・エージェントのアンインストールと再インストール

スクリプトを用いてエンドポイント・エージェントのアンインストールとその後の再インストールを行えます。サンプル・スクリプトはこちらから入手ください。



 
Powered by noHold, Inc. U.S. Patent No. 10,659,398